1. HOME
  2. 大麻草ブログ
  3. 平成の大嘗祭と阿波からの麁服調進」三木信夫氏講演会を終えて

平成の大嘗祭と阿波からの麁服調進」三木信夫氏講演会を終えて

去る9月29日に三木信夫氏の講演会が行われました。ご来場の皆さま誠にありがとうございました。
私は三木氏と前日に始めてお会いし、お食事をしたのですが、とても穏やかで優しい方でした。産業大麻や医療大麻についても、自然で柔軟な考えをされていると感じました。
三木氏のもとに各地の大麻栽培農家の情報が集まるようで、こちらでは公表できないような情報も得ることができました。
阿波忌部氏の始祖である天日鷲命は海路から紀伊、三河、房総、山陰へと勢力を拡大していくのですが、行く先々では決して争いが起きなかったそうです。
彼らは航海、製鉄、栽培、祭祀の技術集団で、その技術を伝えながら調和をしていったのだと思います。
三木氏はそんな阿波忌部氏の共存と調和の精神をとても誇りに思っています。
講演会で使われたスライドのアニメーションと三木氏の語りのリズムがぴたりと合っていたのですが、スライドが三木氏の自作と講演後に聞いて驚きました。
氏は御年83歳ですが、講演の時間に合わせて資料を推敲し何時間もパソコンに向かうこともあるそうです。
この講演会では2時間の講演と質問にも30分ほど答えられました。大麻草や大嘗祭、天皇制、その他の意表を突く質問に三木氏は淀みなく答えていきます。
過去に四国大学(学長も出席)では4時間も講義されたそうです。
遠祖以来の職分として麁服調進を復活させたのは祖父の三木宗治郎氏です。
大正大嘗祭で駆け込みで復活が決まり大急ぎで準備されたことがユーモアを交えてに語られましたが、三木信夫氏はこうした歴史や文化を正しく継承し、伝えていくことを使命とされ真摯に取り組んでおられます。
講演会では皇室とのやり取りの書面や大嘗祭の儀式に関わる図面など貴重な映像資料をたくさん見ることができましたが、予備知識がなくてもわかりやすいように構成されていると感じました。

三木氏は今年の2月に大きな病気をされるまでは、薬もサプリメントも一切飲まないような健康体だったそうです。
現在はその病からだいぶ回復され、名古屋に4日間の滞在するうち観光地巡りやデパートでの買い物を楽しまれました。
徳島から各地への旅行は乗り換えが大変だったりするのですが、三木氏は自在に乗りこなしているそうです。
さすが阿波忌部氏の為せる業! 今後も末永く活躍していただけると私は勝手に安心した次第です。
講演会は付き添いで同行された女性の横笛の演奏で始まりました。大麻の衣装をまとわれ空気が清浄化されたというか、とても神秘的な雰囲気になりました。
古の麁服の講演会に相応しい素晴らしい演出です。
短い名古屋での滞在でしたが、お二人には皇太子時代の今生天皇が徳島まで訪ねて来られた話や、忌部族の本家論争、阿波の観光名所などの興味深いお話をたくさん聞かくことができました。

最後にこの度の講演会の発案者は私なのですが、広告代理店オカモトパートナーズさんに講演の依頼や会場選び、三木氏のアテンドなど全てを担っていただきました。
特に桑島様にはなかなか連絡の取れない三木氏を電話で説得し、軽自動車で徳島まで訪問して交渉を詰めていただきました。名古屋から軽自動車でやってきたことに三木氏も驚いていました。
彼の尽力無しにこの講演会は成しえませんでした。この場を借りてお礼申し上げます。
私達、メイヂ食品株式会社は今後も三木氏の講演活動を応援し、日本古来の大麻草の文化が継承されるよう広く伝えていきたいと思います。

高野泰年

大麻草ブログ

大麻草ブログ一覧