1. HOME
  2. 大麻草ブログ
  3. 「大麻(THC)の有害性はアルコールより低い」との研究結果

「大麻(THC)の有害性はアルコールより低い」との研究結果

David J Nutt, Leslie A King, Lawrence D Phillips (ISCD代表)による研究「英国における薬物乱用の有害性:多基準意思決定分析法による検討」は
アルコール、タバコ、ヘロイン、大麻など20種の薬物乱用がもたらす有害な作用を、使用者自身と使用者以外に及ぼす害16項目の判定基準で評価した。
総合的にアルコールが最も有害(全体的な害スコア72)で大麻(THC)は8位(害スコア20)であった。
Lancet誌2010年11月6日号(オンライン版2010年11月1日号)
外部リンク

要 約
背景:薬物乱用の有害性を適切に評価することは、健康、治安維持、さらにソーシャルケアに関する政策を立案するうえで有用な情報になる。
今回、多基準意思決定分析 (multicriteria decision analysis:MDCA) モデルを用いて、英国における薬物乱用のさまざまな有害性を評価した。

方法:2名の外部専門家を含めた薬物に関する独立科学評議会 (Independent Scientific Committee on Drugs) の委員がインタラクティブ形式のワンデイワークショップを開催し、20種類の薬物の有害性を16項目の基準に従って採点した。
16項目のうち9項目は使用者への有害性、7項目は使用者以外への有害性に関するものであった。
採点は100点満点で行った。評価項目に対して、その相対的重要度を示すための重みづけを施した。

結果:MCDAモデルによる分析の結果、使用者への有害性が最も大きい薬物は、ヘロイン (34点)、クラックコカイン (37点)、メタンフェタミン (32点) であった。
一方、使用者以外への有害性が最も大きい薬物は、アルコール (46点)、ヘロイン (21点)、クラックコカイン (17点) であった。
有害性全般でみると、アルコール (計72点)、ヘロイン (55点)、コカイン (54点) の順になっていた。

結論:本研究で得られたデータは、薬物の有害性に関する過去の研究結果を裏づけている。
また、判定や重みづけの手法を改良したMCDA法によって、有害性が最も大きい薬物と小さい薬物を識別しやすくなることも明らかになった。
一方、英国における現行の薬物分類が有害性に関する考察のみに依拠しているわけではないため、本研究の結果と薬物分類との相関は弱かった。

基金:Centre for Crime and Justice Studies (英)

Imperial College London神経精神薬理学部門 [英国・ロンドン](医学部公衆衛生学科教授 D J Nutt)
European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction (EMCDDA) [ポルトガル・リスボン]
英国専門家アドバイザー (理学博士 L A King)
London School of Economics and Political Scienceマネージメント部門[英国・ロンドン]
(理学博士 L D Phillips)


システマティックレビュー
今回、薬物の有害性に関するMDCAの会議から入手したデータを分析した。ACMD (薬物乱用に関する英国政府の委員会) が設定した16項目の評価項目に従い、薬物の有害性を判定した。
専門家グループでは、英国で使用されている20種類の代表的な薬物を対象に、潜在的な有害性や使用の程度を包括した評価法を作成した。
16項目の評価項目に基づき、各薬物の相対的な有害性を評価した。次に、評価項目に対する重みを評価し、有害性を示す単位がすべての評価項目を通じて統一されていることを確認した。
重みづけ後のスコアを算出し、「使用者への有害性」「社会への有害性」という二次元でスコアを統合し、有害性全般を示す重みづけ後の総スコアを算出した。

結論
本研究で得られたデータは、英国1とオランダ2における薬物の有害性評価に関する専門家委員会によって過去に行われた研究の結果を支持している。
判定や重みづけの手法を改良したMCDA法によって、有害性が最も大きい薬物と小さい薬物を識別しやすくなることも明らかになった。
これらのデータを考慮すると、英国における現行の薬物分類が有害性に関する考察のみに依拠しているわけではないことは明らかである。


Nutt D, King LA, Saulsbury W, Blakemore C. Development of a rational scale to assess the harm of drugs of potential misuse.
Lancet 2007; 369: 1047–53.
外部リンク


van Amsterdam JGC, Opperhuizen A, Koeter M, van den Brink W.
Ranking the harm of alcohol, tobacco and illicit drugs for the individual and the population. Eur Addict Res 2010; 16: 202–27.
外部リンク

大麻草ブログ

大麻草ブログ一覧