1. HOME
  2. 大麻草ブログ
  3. 5月12日は映画「WEED THE PEOPLE」伏見ライオンシアターにて

5月12日は映画「WEED THE PEOPLE」伏見ライオンシアターにて

「WEED THE PEOPLE」
http://weedthepeople.strikingly.com/
https://motion-gallery.net/projects/wtp-nagoya
伏見ライオンシアターは地下鉄伏見駅徒歩9分です。チケット購入先は医療大麻dotオルグ(杉江敦) mail:nagoya@iryoutaima.org
主催者の杉江さんは臨床工学技士で難病のクローン病の患者でもあります。大麻を治療の選択肢の1つとして選択できる事を願いプロジェクトを立ち上げられました。

五人の小児がん患者とその家族がTHC(テトラヒドロカンナビノール)を摂取させて良いのかという葛藤の中でそれをしなければ明日の命もない、副作用があるとしても受け入れていくと決断していきます。
この映画はドキュメンタリーで医療大麻の万能性を謳うものではありません。その可能性を全人類で試行しながら広げていこうと呼び掛けています。
あるユダヤ人の女性が手探りで医療大麻の効果を測定していくシーン。相談を寄せる一人ひとりに聞き取りをしてTHCとCBDの配分を調整しながら摂取させ、記録を取っていきます。
途中である子どもの母が無断で別の大麻オイルを摂取してケンカ別れしていきます。その女性は後にオリジナルの大麻オイルを開発して事業化していきます。
医療大麻商品の博覧会が盛大に開かれるのですが、ユダヤ人女性は複雑な表情です。ドキュメンタリー映画なのでこうした人間模様も描かれます。

映画は5人の幼い子供たちの生死を取り上げていますが、全編重苦しいというわけではなく、人間というのは未来に向かって前向きに生きていくものなのだと感じる内容です。
大麻がいかに肉体や神経に作用するのかなど映像を通してわかりやすく学ぶこともできます。

会場は伏見ライオンシアター 開場は午前9時30分、映画上映は午前10時30分、12時45分から医師でグリーンゾーンジャパンの正高氏と医療大麻合法化を公約に新宿区議選に立候補された成田賢壱さんの講演会があります。
私高野も少しお話する時間をいただきました。

アメリカで医療大麻が注目されるようになったきっかけは、
サンフランシスコのエイズ患者が大麻を吸うことによって症状が緩和することを発見したことと、
シャーロットという少女のてんかんがCBDによって劇的に改善されたことと言われています。

「WEED THE PEOPLE」を多くの方が視聴すれば、日本でも大きな進展がありえると思います。
小枠ですが、この上映会の告知を中日スポーツに依頼しました。

当日はメイヂ食品も販売ブースを設けます。
伏見ライオンシアターへは地下鉄伏見駅6番出口より御園座方面に進み、木組みが印象的な碧海信用金庫を通り越して、富士フィルムのクールなビルを右に曲がり、少し歩くと左手にクリーム色のライオンズ名古屋ビルがあります。
地下一階がライオンシアターです。

高野泰年

大麻草ブログ

大麻草ブログ一覧