1. HOME
  2. 新着情報
  3. 大嘗祭に調進される大麻織物 麁服(あらたえ)

大嘗祭に調進される大麻織物 麁服(あらたえ)

新天皇が即位して初めての新嘗祭が大嘗祭なのですが、この重要な祭事に大麻の織物である麁服(あらたえ)が調進(天皇家から依頼を受けて納めること)されます。

麁服の製作は古代から徳島の阿波忌部氏の三木家が、種撒きから刈入れ、製麻、織布まで全工程を統括します。
天皇家と阿波忌部氏は天の岩戸神事からの強い繋がりがあります。
天の岩戸神事を司ったのは阿波忌部氏の祖先である天日鷲命(あめのひわしのみこと)で、大麻を植えて産業を起こしたとして麻植神(おえのかみ)として各地で祀られています。
忌部氏は阿波を起点に島根、和歌山、福井、兵庫、千葉、三河、福岡などを開拓していきました。
麻・穀・粟・農業・織物・養蚕・製紙・鍛冶などの殖産興業と音楽、芸能、祭祀を伝えたとされています。

調進物には「由加物」(食物や器、道具など)と織物として麁服と繪服(にぎたえ:絹織物)、木綿(ゆう)があります。
中でも麁服は際立って特別な存在で繪服とともに大嘗宮の天皇のベッドである「第一の新座」に置かれます。
麁服は大王霊という天皇の霊が着る神衣なのです。
麁服は朝廷から派遣された勅使の先導のもと、阿波忌部人の「御殿人(みあらかんど)」に厳重に守られながら阿波の旧麻植郡木屋平村から直接宮中まで届けられます。
そして宮廷祭祀の長である神祇官が直接預かり丁重に保管します。
他の調進物は異なり、阿波で全ての工程を終えて京都へ運ばれるところに天皇家と阿波忌部氏の特別な関係が表れています。

今年の11月に予定される大嘗祭で二度目の麁服調進をされるのは阿波忌部氏の直系の三木信夫氏(82歳)です。
麁服調進は室町時代の南北朝の動乱で途絶えてしまいますが、三木家の強い働きかけにより大正天皇の儀式で577年ぶりに復活しました。
前回の麁服調進に掛かった費用は数千万円といい、栽培畑を24時間警備する人件費も大きな負担となりました。
薬務課は大麻栽培農家に盗難予防対策を義務付けますが、農家にとっては大変な負担です。

三木家住宅は徳島県最古の建造物(築400年)で国の重要文化財にもなっています。現在も三木信夫氏が住み、管理されています。
三木信夫氏は古代からの徳島発祥の伝統文化保全と歴史的価値の再評価のために全国で講演しています。大嘗祭は日本の歴史そのものである、と。

参考文献・記事
日本の建国と阿波忌部 林博章 著、発行
日本経済新聞記事 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40029440V10C19A1962M00/

高野泰年

新着情報

新着情報一覧