1. HOME
  2. 大麻草ブログ
  3. メイヂ食品の考える安全性

メイヂ食品の考える安全性

CBDを豊富に含んだ健康大麻 メインイメージ

メイヂ食品株式会社は創立昭和31年12月27日です。
主業のチケットショップ“名駅チケット”は名古屋駅で開業して18年余です。
チケットショップは古物商許可証を公安警察から取得しなければ営業できません。
その店頭で販売している大麻油に違法性などありましたら、許可証は取り上げられ名駅チケットともどもメイヂ食品株式会社も事業が立ちいかなくなります。

日本で売られている他社のCBD製品に含有量の割にとても安いものがあります。その中には杜撰な管理により酩酊作用のあるTHCが混入した商品もあります。
CBDは大麻草の茎からのみ採取するより花穂や花から採取する方が効率がよく、葉などを裁ち落とす作業を減らすことでもコストを減らすことになります。
だから違法なものが安く出回ったります。
混入というよりわざと入れている業者、購入者もそれを期待していることがあります。もちろん大麻取締法や麻薬及び向精神薬取締法に違反する違法行為です。
もしTHCの入っている商品をそうと知らずに誤って飲んだ場合大変なことが起こることを考えると、一刻も早く違法商品の販売をやめてもらいたいです。

産業大麻に関わっている方からもそうした噂を聞きます。当初こちらからCBD販売業者ですと挨拶をしても怪しんで見られることがありました。
大麻草の信用を貶められ、とても迷惑していると聞かされます。

私どもの商品は日本薬用植物研究推進協会の認証を受けています。原料のCBDはアメリカから出荷する前にもTHC混入の検査を受けています。
酩酊作用のないことを名駅チケットの店頭で試飲して確認していただいています。
新聞などのメディアに広告を載せることは社会的信用を積み上げることにもなっています。審査の厳しい日本経済新聞には4か月に渡り広告審査協会の調査を受け広告を掲載しました。
3月28日の記者会見では多くのメディアに協力を得ることができ、私どもの活動が無駄ではなかったと感じています。

しかしメイヂ健康大麻油はauのョッピングサイトWowma!でも販売していますが、クレジット決済ができません。昨年からCBD商品はクレジット決済対象外になったからです。
CBD商品の社会的信用はまだまだ低いのです。

THCが様々な病気に効果があることが知られ、医療大麻の合法化が世界で広がっています。
しかし日本ではTHCは未だ違法物質です。
物事には順序があります。
大麻草の伝統的な役割が広く知れ渡り、CBDの健康効果を多くの人が実感すれば道は確実に開けると思います。
メイヂ食品はCBD商品、大麻油や大麻膏をまじめに販売していきます。

高野泰年

大麻草ブログ

大麻草ブログ一覧