主なCBD抽出方法は2つ

CBDおよびその他のカンナビノイドは、いくつかの方法のいずれかを使用して大麻から抽出されます。
最も一般的な抽出方法は、エタノールによるアルコール抽出または超臨界CO2抽出です。

2つのCBD抽出方法の違い

アルコール抽出は一般に、低コストで低品質のCBD製品を生産します。 この方法は、得られる抽出物に微量のエタノールが残る可能性があるため、あまり望ましくありません。 よりクリーンで最終的にはより健康的なオイルを生成するため、より高価なCO2抽出方法が好まれます。

抽出プロセスでカンナビノイドが失われる可能性を防ぐため、より低い温度でオイルを抽出することをお勧めします。

アルコール抽出

麻をエタノールに浸すことで、水溶性という水に溶けやすい特性を持つCBDオイルを抽出する方法

CO2抽出法

CO2抽出法は超臨界二酸化炭素抽出法とも呼ばれます

CO2抽出には、低温を使用する超臨界抽出と、高温を使用する亜臨界抽出があります。低温での亜臨界抽出が多く用いられます。
高圧力と超低温の環境下で二酸化炭素を用いて分離し、保存し、医療オイルの純度を保つもの。安全で有効性が高く、一番クオリティーの良いものが作れる抽出方法とされています。
低温で抽出できるので、作業中にカンナビノイドが失われてしまうリスクを防げるほか、二酸化炭素を使うことで不純物が混ざりにくいとされています。

メイヂ健康大麻油は大麻草の茎より超臨界CO2抽出法により抽出されたCBDにより出来ています。